不動産買取についての情報が満載です!

不動産買取のメリット

不動産買取のメリット 不動産を手放す際には、物件を直接不動産会社に売る不動産買取と、仲介して一般の方に売る2つの方法が有ります。
不動産買取の場合は、広告が出る事もありませんし内見などの販売活動もありません。
そのため決まるまで周りの人に知られることもありませんし、内見で人が家に上がってくるといったことも無いというメリットがあります。
買取が完了するまでの期間も、不動産買取でしたら数週間ですが仲介の場合は2~3か月かかるでしょう。
週間ですが仲介の場合は2~3か月かかるでしょう。
仲介手数料もかかりませんし、リフォームの必要もないというのが大きなメリットです。
買取価格は希望価格を提示できないのが基本ですので、仲介を選択したときよりも少し安くなってしまう可能性があるというのは、マイナスポイントではあります。
しかしその分早く売りたいという時には不動産売却の方が良いです。
築年数が30年以上のマンションやリフォームをしたことがないマンションなどの場合もお勧めです。

不動産買取に向いてる物件の特徴をチェック

不動産買取に向いてる物件の特徴をチェック 不動産の売却方法には仲介と買取の2種類がありますが、買取の場合すぐに現金化することができる反面、通常の約7割程度の費用にしかならないので急いで不動産を処分したい時や、買い手が付くまで時間がかかるのは面倒という方に向いています。
では実際に不動産買取に向いてる物件とはどのような特徴を持っているかというと、基本的に不人気な物件です。
たとえば極端に敷地面積が広く、売却価格が高い一戸建てなどはニーズが少なく不人気になりやすいです。
他にも築30年以上の物件であることや過去に事故や事件が起こった物件、ゴミ屋敷で内部が汚れていたり、内部が劣化してひどく傷んでいる物件などが挙げられます。
物件によっては築年数がある程度経過していても仲介で買い手がついたという場合もありますが、必ずしもそれが正しいというわけではありません。
まずは不動産会社に相談をしてみて、不動産買取にするか仲介にするか、売却方法を検討することをおすすめします。